2017年9月8日更新 回答一覧 No.1(1-9)
年齢:32 基礎体温: 生理周期: タイミング法:回 人工授精:回 体外受精:回 
 基礎体温を毎日測っていますが、生理前の基礎体温の上下に一喜一憂してしまいます。それがストレスになるのですが、やはり測ったほうがよいですか?
 また、最近基礎体温が部屋の温度により変わります。朝方暑くて目が覚めると37.0℃を超え、クーラーがきいていると36.0℃程です。やはり室温も関係あるのでしょうか?(2017年7月 第18回セミナーより)

 原則的に人間は恒温動物ですので、外界の温度に身体の体内温度は影響されませんが、極端に体温とかけはなれた温度の環境では影響を受けるかもしれません。しかし、同じような状況で基礎体温をつけて頂ければ変化が分かりますので、そのまま続けられて下さい。[2017年9月8日]
(院長:田中 温)
年齢:39 基礎体温: 生理周期: タイミング法:回 人工授精:回 体外受精:回
 子宮筋腫があります。粘膜下筋腫は着床に影響すると聞きましたが、筋層内子宮筋腫はどのくらい影響しますか?「半年ほどリュープロレリンを打ってから移植する」と言われる先生もいらっしゃれば、「影響しないから何もしなくていい」と言われる先生もいらっしゃいます。移植まで半年は長いのでどうすればよいか悩んでいます。
 また、開腹手術や帝王切開手術は何回まで可能ですか?(2017年7月 第18回セミナーより)

 子宮筋腫に対する治療は、筋腫の大きさ・部位、症状、卵巣予備能などによって優先すべき治療が異なります。
 筋層内筋腫が10cm以上又は、症状がある場合は、御年齢から考えますと、採卵、受精卵凍結した後に子宮筋腫核出術を施行します。3〜6ヶ月後くらいより胚移植を行うようにしています。
 また開腹手術は少ない方がよいですが、手術の内容次第と考えます。帝王切開手術は子宮破裂のリスクを考えると2〜3回まででしょう。[2017年9月8日]
(産婦人科医:山口 貴史)
年齢:31 基礎体温: 生理周期: タイミング法:回 人工授精:回 体外受精:回
 「低容量ピルを飲んでいた人は、子どもに口唇裂ができる」と聞いたことがあります。関係性はあるのでしょうか?(2017年7月 第18回セミナーより)

 口唇裂は多因性のものですので、1つの事に原因を絞る事は難しい疾患です。通常、低容量ピル内服中は排卵が抑えられ妊娠はしづらく、飲み続けたまま妊娠経過する事は少ないです。過去に低容量ピルを内服したからといって口唇裂になるとは言えません。[2017年9月8日]
(産婦人科医:大野 基晴)

年齢:43 基礎体温: 生理周期: タイミング法:回 人工授精:回 体外受精:回 
 子宮筋腫の開腹手術をしている場合、卵管癒着の可能性が高いのでしょうか?その場合、癒着をなくせばタイミング法での妊娠・出産も可能でしょうか?(2017年7月 第18回セミナーより)

 子宮筋腫の開腹手術の場合、卵管嚢腫の手術に比べると腹腔内の癒着の可能性は高まります。腹腔内の癒着としては、子宮と腸管、腹壁、卵管等があります。子宮卵管造影検査で卵管の通りがよいかどうかみること、またできれば腹腔鏡検査で子宮のまわりの状態、癒着の有無をみて、癒着があれば剥離することによって、タイミング法での妊娠・出産も可能です。出産に関しては、子宮筋腫をとった病院で帝王切開手術がよいかどうかを相談されることがよいでしょう。[2017年9月8日]
(産婦人科医:永吉 基)
年齢:39 基礎体温: 生理周期: タイミング法:回 人工授精:回 体外受精:回
 採卵の間隔については「2ヶ月が理想」ということでしたが、私は1月〜5月の間に4回の採卵を行い、うち1回は、卵胞の中に卵子がありませんでした。受精したのは1回だけです。採卵の間隔をもっとあけるべきでしょうか?また、卵子の質を向上させる方法を詳しく教えて下さい。(2017年7月 第18回セミナーより)

 採卵と採卵の間隔は必ず空けましょうというわけではありません。大切なことは、月経開始時の胞状卵胞数の状態、ホルモン値をみて、その周期に合った排卵誘発法を考えることだと思います。
 あとは、御自身の身体のコンディション(運動・食事・睡眠など)を整えておくことです。[2017年9月8日]
(産婦人科医:山口 貴史)
年齢:31 基礎体温: 生理周期: タイミング法:回 人工授精:回 体外受精:回
 現在、クロミッド+注射で排卵誘発を行っていますが、卵の数は普通何個くらいできますか?1〜2個は少ないでしょうか?
 タイミングをはかる際、精子ができるまでにどの程度(1日おき等)間隔を空けるとベストですか?空けすぎもよくないのでしょうか?インターネットには色々書いてあり、よく分かりません。(2017年7月 第18回セミナーより)

 注射は毎日ですか。1日おきでしょうか。毎日HMG等を打って卵が1〜2個育つとすれば年齢からすると少ないでしょう。1度抗ミュラー管ホルモン(AMH)を調べてみてはどうでしょうか。HMG等の注射を毎日打つ場合には、卵が20個以上できてOHSS(卵巣過剰刺激症候群)になる方もいらっしゃいます。個数としては5〜6個までになるよう、調節して打っていく方がよいでしょう。
 タイミングをとるとしたら2〜3日の間隔であればよいと思います。男性の体調によって早く回復する方もいれば、1週間かかる方など個人差があるでしょう。[2017年9月8日]
(産婦人科医:永吉 基)
年齢:44 基礎体温: 生理周期: タイミング法:回 人工授精:回 体外受精:回 
 凍結胚で自然周期移植が良いとのことでしたが、採卵し受精できた胚が1個でも凍結した方が良いのでしょうか?
 また、不妊の原因となる卵の質を考えると早い時期に採卵のみを続けて、受精卵をある程度確保してから移植のみを行う方がよいのでしょうか?その場合、移植が45歳になっても、採卵した年齢が42〜43歳であれば、42〜43歳と同じくらいの妊娠率になるのでしょうか?(2017年7月 第18回セミナーより)

 年齢ごとの凍結胚数における累積正児獲得率(出生率)は、44歳で1回の凍結胚移植あたり、3.4%です。
 胚の状態にもよりますが、凍結が可能な状態でしたら多い方がよいと考えますが、凍結まで至らない状態でしたら、低刺激法で採卵し、新鮮胚移植がよりよいと考えます。[2017年9月8日]
(産婦人科医:山口 貴史)
年齢:30 基礎体温: 生理周期: タイミング法:回 人工授精:回 体外受精:回 
 何回精液検査をしても精子運動率は1〜3%と、とても低いです。精索静脈瘤の手術を行い漢方も数ヵ月分処方されて飲み続けましたが変化はなく、先月初めて顕微授精を行いました。しかし、妊娠には至りませんでした。
 しばらく期間をあけ再度顕微授精を試みようと病院へ電話したところ、「やはり少しでも精子運動率を上げたほうがいいから、漢方を飲みましょうか。」との返答でした。
 手術を行い漢方も飲み、顕微授精に取り掛かっているのに精子の運動率をまだ上げる必要性があるのでしょうか。(2017年7月 第18回セミナーより)

 顕微授精を行う場合の精子の運動率は、問題になりません。また、形態学的に精子の頭部が正常で、頭部に大きな陥没などがないものを選べば問題ありません。[2017年9月8日]
(院長:田中 温)

年齢:45 基礎体温: 生理周期: タイミング法:回 人工授精:回 体外受精:回
 もうすぐ46歳になります。
 体外受精を考えていますが染色体異常が心配です。どのくらいの確率で染色体異常が生じるのでしょうか。また、着床前診断等を行うと染色体異常の確率はどのくらい下がるのでしょうか。(2017年7月 第18回セミナーより)

 46歳での染色体異常に起因する流産率は70%以上と非常に高くなります。
 着床前診断は、夫婦間に均衡型転座の染色体異常を認めた場合に、さらなる流産を予防するために行われます。
 あなたの場合には、数的異常が原因で流産を来たすことが考えられますので、着床前スクリーニングという方法が効果的で流産率は10%以下になりますが、まだ試験導入段階です。[2017年9月8日]
(産婦人科医:山口 貴史)
質問一覧に戻る   |    このページの最初へ   |    TOPページに戻る